ペン工房キリタ、トップページ トップ ケーファー G2ダイヤカット8角 KWラッカー KWエンジンタン ベークライト シルバー970 輪島漆蒔絵 本革ペンケース 無垢 製品一覧 トップ ガイド 会社概要 お問い合わせ アフィリエイト こだわり 買い物カゴ クロコ

サイドメニュー



日本テレビ
詳しくはこちら

kiritaheihachiをフォローしましょう



Google Sitemaps用XML自動生成ツール

NP後払い

階層: トップページ > うんちく > オート社について

オート(株)について

先週まで、オート社の結城工場での取材を元に、ボールペンのペン先の 製造工程について解説をしてきました。

せっかくですから快く取材に応じていただいたオートさんについても、 紹介させていただいて、チップについての稿を終わりたいと思います。

オート株式会社は、東京都台東区に本社を置き、創業は大正8年。今年(2012)で創立93年の超老舗企業です。

三菱やパイロットなど他の大手筆記具メーカー並みの知名度はありませんが、その長い歴史の中で数々の先進的発明をして、日本の筆記具業界にその足跡を残してきました。

日本でボールペンの製造が始まったのは太平洋戦争後で、それ以前の筆記具メーカーは、大体万年筆かシャープペンまたは鉛筆を作っていたところが多いようです。

一般にボールペンは、1943年にハンガリー人のビーロによって発売され、第2次大戦後にアメリカを中心に世界に広まりました。

日本では進駐軍が持っているボールペンを手に入れた万年筆製造者らが生産を開始しましたが、最初はなかなか良い物ができないでました。

そんな中、1949年(昭和24年)にオートが鉛筆形の木軸ボールペンを発売しました。日本で最初のボールペンメーカーはオートなのです。


1964年(昭和39年)には世界で初めて水性ボールペンを発売。油性ボールペンの重い書き味を解消し、すらすらと気持ち良く書ける書き味で多くのファンを獲得しました。

現在でもオートの水性ペンのレフィールは、日本における水性ボールペンのスタンダードで、キリタを始め多くのメーカーも採用しています。

ここ数年はゲルインクに押されて、キャップをしないとインクが乾いてしまう水性インクは苦戦していますが、最近オートでは乾きにくい水性芯も開発しています。

1978年(昭和53年)初めてグリップゴムを握り部分に付けたボールペン「グリッパー」を発売し、大ヒット商品になります。

これは当時キリタも下請けとして作っていました。子供の頃、こっそり工場から持ち出して学校に持って行ったりしていたのを覚えています。

1999年(平成11年)油性ソフトインクと極細のペン先を組み合わせたボールペン「ニードルポイント」を開発、発売。

このボールペンでは、製図用のシャープペンのように、ペン先が細長いパイプ状になっています(実際は一体形成)。

それによって筆記時に広い視野を確保してペン先が見やすく、定規を当てて線を引いたりするにも便利で、根強いファンをつかんでおり、オートと言えばニードルポイントと言うくらい、現在のオートの代名詞になっています。


オートでは、水性ボールペンのレフィルと同規格・統一形状で油性のニードルポイント芯も発売しており、同じペンを使って水性ペンにしたり油性ペンにしたりと組み替えて使用することができます。

最近では自分の好きな芯を組み込んで作るペンが各社から出ていますが、それらはあくまで事務用の500円ペン。2-3千円クラスのペンで別タイプのレフィルに組み替えられるのは、私の知る限りオートだけです。

国産初の量産ボールペン、世界初の水性ボールペン、世界初グリッパー、そしてニードルポイントと、改めてこうして見ていくと、オートが他社と一線を画す先進性と独自性を持った会社であることが分かりますね。

また1981年(昭和56年)には、綴じ穴を空けることなく重ねた書類を綴じられるクリップの一種「ガチャック」を発売。同社を代表するヒット商品であり、このタイプの文房具の一般名詞にもなっています。

オートの本社は台東区の浅草橋にあり、東京東部のこの地域は、昔から文具系のメーカーが多い場所です。(文具系の町工場は隅田川を渡った反対側の墨田・葛飾に多いですね。)

そしてオートの工場は茨城県結城市にあり、ここで今回紹介してきたボールペンのチップも作られています。

これからも、キリタの水性ボールペンレフィルの供給元として、宜しくお願い致します。

 



 

このページの先頭へ

うんちくコーナーのトップページへ

ペン工房キリタのトップページへ

 

 

階層: トップページ > うんちく > オート社について

製品ピックアップ

ケーファーボールペン
ちょうど良い長さと重さ。頭部に自由な絵柄やスワロフスキーを入れ世界に1本だけのオリジナルを作れます。
G2ダイヤカットボールペン
エレガントな8角ボディ。少し細身で女性にもピッタリ。
KWラッカーボールペン
アクリルラッカー塗装+研ぎ出し研磨のしっとりした艶。
KWエンジンタンボールペン
縦縞の彫り込みにロジウムメッキの輝きが映えます。
シルバー925ボールペン
純度92.5%の銀製プレスボディを研磨仕上げ。
ベークライトボールペン
使い込むほど艶が深まる特殊な樹脂を削りだした逸品。
蒔絵ボールペン
石川県輪島で一本一本丁寧に筆で描いて貰いました。
無垢ボールペン
金属の無垢棒から職人が削り出した、ずっしり重い超重量。
本革ペンケース
使いやすさを追求した7つのこだわりとは?

キリタと同じ江戸川区の老舗工房Cカンパニー製

日本一のペンクリップメーカーが作った書類用クリップ

↑ 気になる製品の写真をクリック ↑


 

ケーファー天金製作実例集 本革ペンケース 名入れ無料 替え芯サービス ラッピング無料 メッセージカード無料 修理無料 送料 メール F型アウトレット ロンソン ドロップ ケーファー G2ダイヤカット8角 GM-Hゴールド KWラッカー KWエンジンタン エボナイト ベークライト シルバー970 無垢 クロコ 輪島蒔絵 マグネットハンガー 替え芯 本革ペンケース シース 本革ペンケース オープン 本革ペンケース クローチェ 本革ペンケース ルポ スタイルクロコ Cカンパニー ペーパークリップ メディア 日本筆記具工業会 メルマガ登録 メルマガバックナンバー お客さまの声 天金制作実例 Q&A 名入れ ラッピング 別注 ブログ ペンの雑学 万年筆について 製品プレゼント 平八のページ アフィリエイト