ペン工房キリタ、トップページ トップ ケーファー G2ダイヤカット8角 KWラッカー KWエンジンタン ベークライト シルバー970 輪島漆蒔絵 本革ペンケース 無垢 製品一覧 トップ ガイド 会社概要 お問い合わせ アフィリエイト こだわり 買い物カゴ クロコ

日本筆記具工業会



日本テレビ
詳しくはこちら

kiritaheihachiをフォローしましょう



Google Sitemaps用XML自動生成ツール

NP後払い

階層: トップページ > うんちく > ペンクリップの東京金属

ペンクリップ専門の東京金属工業

東京金属工業(株)〔以下東金〕は、ペンクリップの専門会社として日本一、のシェアを持つ、日本の誇るモノ作り企業です。

創業は昭和26年、当時、婿養子として入った町のプレス屋さんで修行をしていた小菅庄七氏(現会長)が、プレスでペンのクリップを製作することを思い立ち、実家である藤原家のお兄さんと弟を誘って会社を興しました。

当時は戦後の復興期、始めてアメリカからボールペンが入ってきて数年が経った頃で、日本でもボールペンが作られ始めた所でした。

戦前からある万年筆やシャープペンの工場も再稼働を果たし、徐々に復興していく日本経済と共に、多くの筆記具メーカーからの注文が来るようになり、東金製のペンクリップは順調に生産数を伸ばしていきました。

東金の強みは、開発・設計・型作り・プレスによる生産から焼き入れまでを全て自社内で行っているところにあります。

通常の工業製品では、それぞれの部署を別々の会社が行うことが多いのですが、この一貫体制とそれによって蓄積されていった技術力・ノウハウが、多くの(と言うか日本にある全ての)ペンメーカーの信頼に繋がっています。

個人的には、特に型作りのノウハウと技術力が、その中でもキモになっているのではないかと思います。

型については、先に説明した単純な単発型から、複合型である順送型へ発展していきましたが、東金の設計する順送型はアイデアと精緻に富んだもので、その技術力が反映されています。

東京金属千葉工場

プレスクリップの技術を応用した派生製品なども、東京金属ではその時々に作ってきました。

中でも1994年に発売した書類ばさみの「スライドクリップ」は、取扱が容易でしっかり止まり、しかもはみ出ないということで大ヒット商品となりました。

スライドクリップ

そこで、それを販売するための別会社もおこし、ホワイトボードに貼れる磁石付き製品や、金属アレルギーの人にも安心で、冷凍庫に入れても冷たくなりすぎずに使いやすいオールプラスチック製のスライドクリップなど次々と開発しています。

また一時期、本体と一体成型のプラスチックのクリップが増えてプレスクリップの需要が減ったのですが、ゼブラからの依頼で開発したバインダークリップの登場で、多くのプラスチックボールペンにも東金の板バネが使われるようになりました。

東金千葉工場

バインダークリップとは、本体とプラクリップの継ぎ目に小さな板バネを使って、洗濯ばさみのように大きな開閉と軽快な動きを実現したクリップです。

バインダークリップの板バネは、クリップそのものに比べれば価格は微々たるモノですが、なにしろ事務用のプラペンの出荷数は莫大なので、そこに一枚かめることは大きな意味があります。

東京葛飾の本社工場では、型の設計・製作と、単発式のプレス機による生産が行われていて、千葉県白井の工業団地にある千葉工場で順送型による量産品の生産と焼き入れ作業をしています。

焼き入れの設備は、クリップ以外の他の雑多な小物にも使用できるため、別会社として独立させ、筆記具業界や、その他の色々な業界の製品の焼き入れも請け負って行っています。

先に紹介したスライドクリップの販売会社と併せて2社の関連会社となっていますが、これは実績のある従業員への「独立への道の提供」という意義も持っています。

兄弟3人で始めた東金ですが、現在では長男の藤原さんのご子息が社長、三男の藤原さんのご子息が常務と、見事に世代交代がなされ、トロイカ体制がそのまま引き継がれています。

国内では圧倒的なシェアを持っていますので、この校をお読みの皆さんが持っているペンのクリップは、かなりの確率で東金製品なのです。

 

東金のホームページ


ペンクリップの種類

プレスクリップの製造工程



 

このページの先頭へ

うんちくコーナーのトップページへ

ペン工房キリタのトップページへ

 

 

階層: トップページ > うんちく > ペンクリップの東京金属

製品ピックアップ

ケーファーボールペン
ちょうど良い長さと重さ。頭部に自由な絵柄やスワロフスキーを入れ世界に1本だけのオリジナルを作れます。
G2ダイヤカットボールペン
エレガントな8角ボディ。少し細身で女性にもピッタリ。
KWラッカーボールペン
アクリルラッカー塗装+研ぎ出し研磨のしっとりした艶。
KWエンジンタンボールペン
縦縞の彫り込みにロジウムメッキの輝きが映えます。
シルバー925ボールペン
純度92.5%の銀製プレスボディを研磨仕上げ。
ベークライトボールペン
使い込むほど艶が深まる特殊な樹脂を削りだした逸品。
蒔絵ボールペン
石川県輪島で一本一本丁寧に筆で描いて貰いました。
無垢ボールペン
金属の無垢棒から職人が削り出した、ずっしり重い超重量。
本革ペンケース
使いやすさを追求した7つのこだわりとは?

キリタと同じ江戸川区の老舗工房Cカンパニー製

日本一のペンクリップメーカーが作った書類用クリップ

↑ 気になる製品の写真をクリック ↑


 

ケーファー天金製作実例集 本革ペンケース 名入れ無料 替え芯サービス ラッピング無料 メッセージカード無料 修理無料 送料 メール ケーファー G2ダイヤカット8角 KWラッカー KWエンジンタン ベークライト シルバー970 無垢 クロコ 輪島蒔絵 マグネットハンガー 替え芯 本革ペンケース シース 本革ペンケース オープン 本革ペンケース クローチェ 本革ペンケース ルポ スタイルクロコ Cカンパニー ペーパークリップ メディア 日本筆記具工業会 メルマガ登録 メルマガバックナンバー お客さまの声 天金制作実例 Q&A 名入れ ラッピング 別注 ブログ ペンの雑学 万年筆について 製品プレゼント 平八のページ アフィリエイト