ペン工房キリタ、トップページ トップ ケーファー G2ダイヤカット8角 KWラッカー KWエンジンタン ベークライト シルバー970 輪島漆蒔絵 本革ペンケース 無垢 製品一覧 トップ ガイド 会社概要 お問い合わせ アフィリエイト こだわり 買い物カゴ クロコ

サイドメニュー



日本テレビ
詳しくはこちら

kiritaheihachiをフォローしましょう



Google Sitemaps用XML自動生成ツール

NP後払い

階層: トップページ > 製品紹介 > 輪島漆、蒔絵ボールペン > 蒔絵ボールペン開発秘話
    トップページ > うんちく > 蒔絵ボールペン開発秘話

輪島漆、蒔絵ボールペン開発秘話

長年にわたり下請け生産をしてきた様々な製品の中でひとつだけ、
いつか自社の名前で制作したいと思っていたものがありました。

その工房とはもう20年くらいのお付き合いになるのでしょうか。(僕が入社する以前からなので正直よく分かりません。)

数年に一度、プレス上がりの本体軸のみを、真鍮のままの姿でその工房へ送ります。

石川県にあるその工房は、その本体軸に素晴らしい装飾をして、年に数回キリタへ送って来るので、我々はその軸をボールペンに組み上げて再び送り返すのです。
( ただ送られてきた本体は全て完成品にして送り返すので、桐田の手元には1本も残らないのですが。)

その工房は、輪島市内にある同社のショップで、多くの素晴らしい漆器と共にキリタで組み上げたペンを自社のオリジナル商品として販売しています。

それを組み上げたときの何ともいえない質感、目を見張る装飾性、持ったときのしっとり感は素晴らしく、いつか自社ブランドで製品を販売できる時が来たらキリタの名を冠して制作したいと思っていました。

インターネットという販売方法が普及し、2年前に初めて自社ブランド製品を立ち上げたときから、ショップが軌道に乗ったらこの製品を自社用に開発しようと心に決めていました。

そして今ようやく最初の試作が完成しました。

 

その工房とは。

その工房は、輪島でも一二を争う大手の老舗で、規模も大きく市内に工房と大きな自社ビルのショップ、東京銀座にショールームも持っています。

その工房で作成した製品は、その工房の名の下に全て自社販売しており、通常下請け仕事は行わないのです。

この製品をキリタブランドとしてキリタの販売ルートで売るのであれば、黒子に徹したいという要望のため工房名の公表は差し控えますが、通常下請け仕事はやらないその工房が僕の要望に応えて蒔絵を制作してくれたのは、長年にわたって積み重ねてきた取り引きの信用があったから。

決して金額的に大きな取り引きをしてきたわけではないんです。

ただそれこそ僕の入社前から続いている細く長いお付き合いがあって、そのおかげで受けてくれたこの仕事。つくづく自分一人の力で仕事というのは動くものではないんですね。

今回蒔絵の制作を依頼するに当たり、輪島まで行って来ました。

蒔絵のデザイン

蒔絵の柄デザインは、あえてこちらからの希望は一切出さず、漆器工房の専任のデザイナーに依頼しました。

長年漆器のデザインに取り組んできた職人に、ペンの形状・用途を考慮しつつ、輪島蒔絵の伝統を取り込んだデザインを10点程度作成していただき、その中から今回は露草と葡萄の2点を選びました。

 

色は伝統の漆黒と朱の2色です。

 

国産漆使用

意外にも現在日本で使用される漆の95%は中国産で、多くの漆器工房では上塗りを含めて全ての行程で中国産漆を使用しているそうです。

大手老舗工房でも国産漆は上塗りにしか使わないのが現状となっています。国産漆と銘打ってある物でも下塗りは必ず中国漆なんだとか。
(言っちゃってよかったのかな。)

今回制作を依頼したその漆器工房では、岩手県に日本最大の漆の森を自社で持ち、純正な日本産漆の自家栽培から純粋精製まで史上最良の漆を上塗りに使用しています。

 

 

ちなみに、

素材が真鍮の場合は、「輪島塗り」とは言えないのだそうです。

ですからあくまで「輪島漆、蒔絵ボールペン」・・・・・・・・ちょっと残念です。


桐田平八の輪島紀行のページはこちらから

輪島塗り蒔絵の製作工程を紹介したページはこちらから

輪島漆、蒔絵ボールペンの販売ページはこちらから

 

階層: トップページ > 製品紹介 > 輪島漆、蒔絵ボールペン > 蒔絵ボールペン開発秘話
    トップページ > うんちく > 蒔絵ボールペン開発秘話

製品ピックアップ

ケーファーボールペン
ちょうど良い長さと重さ。頭部に自由な絵柄やスワロフスキーを入れ世界に1本だけのオリジナルを作れます。
G2ダイヤカットボールペン
エレガントな8角ボディ。少し細身で女性にもピッタリ。
KWラッカーボールペン
アクリルラッカー塗装+研ぎ出し研磨のしっとりした艶。
KWエンジンタンボールペン
縦縞の彫り込みにロジウムメッキの輝きが映えます。
シルバー925ボールペン
純度92.5%の銀製プレスボディを研磨仕上げ。
ベークライトボールペン
使い込むほど艶が深まる特殊な樹脂を削りだした逸品。
蒔絵ボールペン
石川県輪島で一本一本丁寧に筆で描いて貰いました。
無垢ボールペン
金属の無垢棒から職人が削り出した、ずっしり重い超重量。
本革ペンケース
使いやすさを追求した7つのこだわりとは?

キリタと同じ江戸川区の老舗工房Cカンパニー製

日本一のペンクリップメーカーが作った書類用クリップ

↑ 気になる製品の写真をクリック ↑


 

ケーファー天金製作実例集 本革ペンケース 名入れ無料 替え芯サービス ラッピング無料 メッセージカード無料 修理無料 送料 メール F型アウトレット ロンソン ドロップ ケーファー G2ダイヤカット8角 GM-Hゴールド KWラッカー KWエンジンタン エボナイト ベークライト シルバー970 無垢 クロコ 輪島蒔絵 マグネットハンガー 替え芯 本革ペンケース シース 本革ペンケース オープン 本革ペンケース クローチェ 本革ペンケース ルポ スタイルクロコ Cカンパニー ペーパークリップ メディア 日本筆記具工業会 メルマガ登録 メルマガバックナンバー お客さまの声 天金制作実例 Q&A 名入れ ラッピング 別注 ブログ ペンの雑学 万年筆について 製品プレゼント 平八のページ アフィリエイト