ベークライト製ボールペン

ベークライト製ボールペン 概要

素材にこだわった高級品
昔なつかしベークライト製の削りだしボールペンです。

ベークライトは最も古くから使われている樹脂の一種でフェノール樹脂とも呼ばれています。
元々の形は、中身の詰まった棒状であり、旋盤で外形を削りながら形を作っていきます。
通常のボールペンは、プラ製にせよプレス製にせよ、中が空洞で形のできあがった部品から作られますが、この製品は本当に1本1本職人による手作業で削りだしています。
昔の万年筆ではセルロイドやエボナイト材で普通に行われていた手法ですが、最近では殆どなくなりました。

ベークライト製ボールペン 利用シーン

エイジングの艶のある光沢

ベークライトの棒材は、樹脂を染み込ませた紙、又は布を棒状に丸めて固めて作られます。ですから切断すると渦巻き状に線が現れます。これが本体表面に見える木目のような地模様になります。
表面にはクリア塗装などは塗っておらず、使い込んでいくにしたがって手脂が本体に染み込んでいき、色が濃くなりしっとりとした艶のある光沢が出てきます。

ベークライト製ボールペン 特徴的なデザイン

ベークライト製ボールペンの特徴1 光沢感

木目のような地模様が1本1本異なります。

棒材から削り出した本体軸、木目のような地模様が風合いを醸し出します。
手作業による切削のため、お届けする製品の木目は、1本1本異なります。

ベークライトの意味とは

熱硬化性樹脂(略号PF)。発明されたのは1872年(明治5年)、1909年(明治42年)になってドイツのベークランド博士によって工業化されました。彼の名を付けたゼネラルベークライト社のフェノール樹脂の商品名”ベークライトが、今でも一般的なフェノール樹脂という代わりに使われることがあります。絶縁性がよく、高い温度に耐える特徴をもっています。電球のソケットや自動車等の灰皿、鍋・ケトル類のハンドルや摘み等に使われています。
キリタでは、ベークライトのトップ企業である利昌工業(株)より購入しています。

ベークライト製ボールペンの特徴2

キャップ式の水性ボールペン(ローラーボール)ラインナップへ

ゲルインクボールペンの台頭によって、最近チョット影の薄い水性ボールペンですが、あのおもむろにキャップを外して書く動作は、理屈を越えた楽しさがありますね。ここぞと言うときにささっと使うと、そのかっこよさにお父さんの株も急上昇するかも。
同じキャップ式でも万年筆のような扱いにくさはありません。キャップ式のかっこよさはそのままに、ボールペンのように扱いやすく それでいてインクはゲルに似たあふれ出てくる感じのなめらかな書き味です。

水性ボールペンのレフィールのお買い求めはこちら

ベークライト製ボールペン カラーバリエーション

ベークライト製ボールペン ディテール説明

  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4
  • photo5

油性インクは書き味の傾向としては、最近のゲルやなめらか油性のようにインクがどんどん出てくると言うよりは、少し圧を掛けてボールを転がす感じの、手応えのある堅めのしっかりした書き味です。
出来れば冬は手の中で少し暖めて、柔らかめの紙の上でお使いください。
米国クロス社の同型の芯とも互換性があります。

水性のレフィルはオート株式会社(OHTO)の水性セラミックボールペン用芯を採用しています。
この水性レフィルはとてもなめらかにインクが出てきて紙の上をすべるように書けます。それでいてすべりすぎず、インクの滲みもなくメリハリの利いた筆跡になります。
この書き味に惚れ込んで、東京蔵前の本社ではなく、茨城県の結城工場に直接頼み込んで分けて貰っています。 (もちろん本社の了解済み。) オートの品番はC-307です。


レフィルのお買い求めはこちらから

ご利用アドバイス

キャップは後ろに差してもカチッと固定されますが、筆記バランスを考えると、差さない方が書きやすいと思います。本体軸に差して使うと後ろが重くて、チョット振られる感じになります。
キャップを抜いたらそのまま筆記。軽快で取り回しの良い筆記ができます。

スペック表


■種類:ボールペン(回転繰り出し式)0.8(中字)
水性ボールペン(キャップ式)

■素材: ベークライト

■表面処理: 削り出しのみ

■部品メッキ: 金1ミクロン

■寸法: 全長136mm、太さ10mm、重量20g

■その他: 手油で使う程に色が濃くなりツヤが出ます。

筆記具ギフトの良いところ

その1:実用的で本当に役立つ品物です。置物のように処分に困ることがありません。

その2:ファッション系の物ほど好みに左右されず、確実に喜ばれます。

その3:いつも贈られた人の身近にあって送り主のことを思い出して貰えます。

その4:持ち歩くにも嵩張らず、渡しやすく、持ち帰りやすいので便利です。

贈りやすく、受け取りやすい筆記具(特に万年筆よりボールペン)は、ギフトの王様です。

開発背景

ベークライト 購入されたお客様の声

購入されたお客様の声1

秋田県 O.S 様

昨年 頚椎症で手術をしまして、まだ腕、肩が完治しておらず伝票お越しも楽ではない状態でしたので 楽に書けるボールペンはないかなと、探しておりました。 ベークライトのボールペンを見つけ、「使い込むほど、味が出る」の文句に ほれてしまいました。握りやすさや、書き味は、とてもスムーズだと思います。 これからは、もうボールペンを買うことはないと思います。  磨り減るまで?・・・毎日大事に使わせてもらいます。ありがとうございま した。

お客様の声2

世田谷区 Y.K 様

ベークのは日記に使って毎日手触りと色合いを楽しむことにしました。今日はわざわざ外へ持って出て、久しぶりに会った旧友に見せびらかしたのですが、書斎に置いたときの存在感の方が遥かに際立っているようです。良いものは自分のあるべき場をよく知っているのですね。いつか、このペンにふさわしい、風格があるが重苦しすぎない木の机を見つけてやろうと思います。削ってくださった職人さんによろしくお伝えください。

ベークライト オプションサービス

ラッピング無料 4種類選択。熨斗も無料

メッセージカード無料

名入れ(機械彫刻) 無料

名入れ(レーザー彫刻) 800円(税別)

ご注文はこちらから

ラッピング、メッセージカード等は、注文画面を進んだステップ3にて指定できます。

発送まで1週間から10日程いただいております。

ベークライト 油性ボールペン

ベークライト 油性ボールペン

直販価格:25,000円(+消費税)

この製品は豪華ボックスにに入れてお届けします。
※レーザー彫刻の文字色は焦げ茶になります。

ボールペン芯の色:

本体への名入れ:
名入れはレーザーのみとなります。

レーザー彫刻の文字色:

名入れの書体:

名入れの文字:

購入本数:

ベークライト 水性ボールペン

ベークライト 水性ボールペン

直販価格:26,000円(+消費税)

この製品は豪華ボックスにに入れてお届けします。
※レーザー彫刻の文字色は焦げ茶になります。

ボールペン芯の色:
芯の色は黒のみとなります。

本体への名入れ:
名入れはレーザーのみとなります。

機械彫刻の文字色:

名入れの書体:

名入れの文字:

購入本数:

発送まで1週間から10日程いただいております。

ベークライト万年筆

ご注文から購入商品の到着までの流れ



ボールペン工房キリタ 人気ランキング商品

ボールペンレフィル(替え芯)

ご一緒にどうぞ

ボールペンレフィル(替え芯)

販売価格
240円(税別)
芯の色
黒、青
配送1
ヤマトネコポス便 240円(税抜)
備考
代引きは、送料600円の宅急便のみ

ケーファー専用4C芯アタッチメントセット

ケーファー専用

ケーファー専用4C芯アタッチメントセット

販売価格
800円(税別)
芯サイズ
0.5mm、0,7mm
芯カラー
黒、青
その他
ヤマトネコポス便 240円(税抜)

ケーファー ボールペン

人気NO.1

ケーファー ボールペン

販売価格
3,600円(税別)
種類
ボールペン(回転繰り出し式)
素材
その他
ペンの頭部にある天金の上部には、柄が入ります。

KWラッカーボールペン、シャープペン、水性ボール

人気NO.2

KWラッカーボールペン、シャープペン、水性ボール

販売価格
5,000円(税別)
種類
ボールペン、シャープペン
素材
真鍮
その他
クリアは研ぎ出し加工

シースタイプペンケース

人気NO.3

シースタイプペンケース

販売価格
4,800円(税別)
種類
シースタイプ
素材
バッファロー(水牛)のタンニンなめし
収納本数
3本

KWエンジンタンボールペン、シャープペン

人気NO.4

KWエンジンタンボールペン&シャープペン

販売価格1
10,000円(税別)
販売価格2
水性ボールペン11,000円(税別)
素材
真鍮
その他
縦ライン彫刻入り

商品一覧はこちらをクリック下さい